ここでは事業の伸ばし方について
ご説明していきます。

まずカンタンに言えば美容室の事業は

 

🟠失客数が新規入客数を超えない

🟠離職者数が求人数を超えない

 

という前提がクリアできていれば
必ず成長していくものです。

オーナーとして必ずこの視点は
持っておきましょう。

それでは事業のスタートからご説明していきます。

オーナー1人の経営

スタートはオーナーであるアナタが
1人で売上を作っていきます。

ご自身が次回予約率を90%まで
持っていくことが大切で

自分が達していないのにスタッフを
伸ばしていくのは難しいでしょう。

自分の売上が上がり売上80万を超え
集客も取れているなら求人もOKです。

*最終的にはオーナー判断です。

求人は基本的にすぐには集まりません。

なので求人は早めにだしておき
タイミングが合う方を雇用しましょう。

 

注意ポイント

うちは女性専門店ですので
女性が原則望ましいです。

 

🟠個室で男性と1対1になる

🟠サロン内に男性スタッフしかいない

 

というのを不安がる女性もおります。

求人が溢れているようなら
積極的に女性を雇用してください。

 

以上も踏まえ

 

基本的に地方の個人店に優秀な人は来にくい

 

ということを理解しながら採用してください。

挨拶、礼儀、礼節、言葉遣い、望む姿勢、意識など・・・

きっとオーナーであるアナタからしてみたら
至らないところが多々あるでしょう。

「こんなこともできないのか・・・」

そう思うかもしれません。

ただそのような方を雇用し
給与をとってもらうのも経営者の手腕。

優秀な人は

・都内の大手で活躍

・たくさんスカウトされている

・自分でフリーランスで活躍

していたりします。

ですので来てくれただけ感謝という
気持ちで臨むぐらいがいいでしょう。

オーナー1人+スタッフ1人

スタッフの損益分岐点となる売上に
必要な入客数はうちの単価の場合

 

20名前後となります。

 

つまり20名に届くまでは
利益が出ない月があります。

 

求人を考えてるということは

 

人にお金を渡せるぐらい利益が
出せているということです。

 

求人すれば売上はさらに上がりますが

*管理することも増えます。

*支えるべき人が増えます。

*共倒れリスクが増えます。

 

ということにもなります。

ですので売上と運転資金は
しっかり確認しましょう。

 

注意ポイント

一人目のスタッフはアナタに
要望を述べてくることが多いと思います。

 

「このルールは〇〇にしたい」

「ここはこうした方がいいと思う」

 

もちろん言う言わないは人にもよります。

ただ人が少ないほどスタッフは

 

自分の意思を通そうとしてきます。

 

なぜならその空間に2人しかいないからです。

 

人は自然に自分の立場を考えて
発言をしているものです。

 

例えばスタッフがその空間に
5人いたとしましょう。

 

”  自分1人の要望は通りづらくなる ”

 

自然とこんな感覚になります、
なぜなら自分の影響力が低くなるからです。

 

わかりやすく数字で言うと
空間に2人の時は言わば50:50

 

つまりスタッフは50の影響力を持ってます。

 

これが5人の場合

20:20:20:20:20になるわけで

周りの意見や考慮するようになります。

 

自分の影響力が下がるので

「周りを変化させよう」

ではなく

「仕方ない。自分が合わせるか」

こうなるわけですね。

 

こうゆう人間心理はあります。

 

なので1人目のスタッフが色々意見を
述べてくるのはある意味、仕方ないでしょう。

 

大人になると

『自分を変える』

というのが大変になります。

 

だからこそ周りを変えた方が楽なんですね。

 

スタッフは美容師としては
プロですが経営者としては素人です。

 

絶対に素人の意見を
経営に持ち込まないように。

 

崩壊を招きやすくなりますのでぜひ
心得ておくといいかもしれません。

オーナー1人+スタッフ2

うちで独立する場合は最大でも
3席を上限としています。

 

よって2人目の雇用に成功すれば
オーナーも含め3席稼働できます。

 

基本的にはこれで満席、
1店舗で考えればもうゴールです。

 

家賃について

家賃の上限を15万としている理由は

1人の負担を上限5万

として計算しているからです。

 

基本的に

セットイス1席=スタッフ1名

ですので

 

・1席なら5万円

・2席なら10万円

・3席なら15万円

 

が家賃上限の考え方です。

 

注意ポイント

2人目を雇用する際に注意することは
1人目の既存売上です。

 

2人目を雇用するとしばらく
1人目の入客が少なくなります。

 

よって1人目の既存売上が
上がってから雇用をしましょう。

 

新規売上は計算に入れぬように。

 

なぜなら新規集客数によって
全体の売上が変わってしまい

 

"実際はどこまで積み上がっているか"

 

が分からないからです。

求人する際は

 

🟠2ヶ月連続で既存売上60万を超えてる

🟠お問合せが安定的に来ていること

 

ことを前提としつつ現在のスタッフと
給与の話し合いを1度してください。

 

・現在、満足のいく給与が取れているか?

・この先新規に入りにくくなるが平気か?

 

を話し合いましょう。

オーナー1人+スタッフ3人(2店舗の場合)

3人目のスタッフを雇用しその方が
試用期間を終え入社確定したら

次の出店を考えていいでしょう。

 

既存店舗は基本的にスタッフ3名に任せます。

新店舗の求人が成功するまでは
オーナーが両店舗を行き来するイメージです。

 

開業資金ですが新店舗の出店には
必ず借入をするべきです。

 

ある程度の利益が出ると
無借金経営を目指してしまう方がいます。

 

これは致命的な誤りです。

 

経営において

運転資金とは=ライフポイント

のようなもの。

 

0になればゲームオーバー。

 

だからこそ運転資金は
多いに越した事はありません。

 

借入の時に上限まで借りるのが正解なのは
この運転資金が何より大切だからです。

 

借りれるだけ借りておく。

 

どんなに赤字だったとしても運転資金が
0にならなければ会社は潰れません。

 

逆にどんなに儲かっていても
運転資金が0なら会社は潰れます。

 

「金利がもったいなくないですか?」

という方がおられますが
日本は非常に低金利です。

 

少ない金利で

🟠事業倒産のリスクが減らせる

🟠銀行との信頼や関係性を蓄積できる

のです。

 

運転資金が足りなくなって
追加融資を受けようとなっても

 

業績の悪いサロンには貸さない

信頼や関係性がないサロンに貸さない

 

というのが銀行の対応ですから
ここは覚えておきましょう。

 

注意ポイント

2店舗目の出店は1店舗目に
近い駅を選んで独立していきます。

また2店舗目だからといって
3席以上のサロンはNG

最大でも3席とするミニマムな
ビジネスモデルに変わりありません。

 

オーナー1人+スタッフ3

店舗出店はせずに1サロンで
利益を最大化していくケースです。

3席だと最大4人で働けますが誰か1人が
シフト調整する必要が出てきます。

基本的にはこの役目は
オーナーが請け負ってください。

スタッフが望む休みがとれない
とならぬように。

 

注意ポイント

ハサミを置く置かないは
ご自身の判断で構いません。

ただ1店舗の経営だけで

『完全にハサミを置く』

ことはできません。

むしろそれでハサミを置いてしまうのは
非常に危険です。

本部の人間ですら
完全には置いてないので。

 

経営していれば

・スタッフが退職してしまう

・スタッフがケガをしてしまう

・何かしらの理由で営業できない

ということも考えられます。

 

なので店舗を増やしハサミを置いても
会社のお金が貯まってくような状況を

作ってから『徐々にハサミを置く』
ようにしましょう。